美容皮膚科とエステで行うワキ脱毛の効果や結果の違いとは?

解説うさぎ

美容皮膚科(クリニック)とエステサロンの脱毛の大きな違いは永久脱毛が出来るかどうかです。

 

美容皮膚科では永久脱毛が行えますが、エステサロンで脱毛してもいずれ生えてきます。

 

ここでは、クリニックとエステの違いをまとめてみましたので、それぞれの特徴を理解した上で自分にあった脱毛をしてみてください。

クリニックとエステの特徴と効果の違い

美容皮膚科では主にレーザーが使われています。一方、脱毛エステサロンでは光脱毛が主流です。

 

それぞれの特徴と効果の違いは以下の通り

 

エステとクリニックの脱毛機器のパワーの違い

 

参照元:足毛穴.biz【脱毛クリニックと脱毛エステの機材の違い】より

美容皮膚科とエステの通う回数の違い

美容皮膚科(クリニック)とエステサロンでは通う回数が大きく異なります。

 

クリニックの場合使用している機材のパワーが強いため、毛根へのダメージが強烈です。

 

一方、エステサロンで使う機材の出力には制限があり、パワーもありませんので必然と照射する回数が多くなります。

 

この機材のパワーの違いから、エステよりクリニックで処理するほうがより早く脱毛を終えることができます。

 

クリニックの場合、1ヶ月半〜2ヶ月毎に施術を行い、合計5〜8回通うことで効果を感じると言われています。

 

一方、エステサロンの場合は1〜3ヶ月に1度のペースで、合計8〜14回で納得の行く結果となります。

クリニックとエステの費用の違い

美容皮膚科(クリニック)とエステサロンの料金に大きな違いがあります。

 

エステがとても安いのに対し、クリニックはそれなりのお値段がします。

 

目安としては、クリニックはエステの2〜3倍かかると思ってください。

 

クリニックで施術すれば、通う回数も少なく、永久脱毛も行え、万が一のトラブルがあってもクリニックで治療することが可能であるメリットがあります。

 

エステの場合、キャンペーン価格になると異様に料金が安く1円〜100円ぐらいでワキ脱毛が最後まで行えてしまうなど驚きの価格設定が魅力です。

 

なお、あまり知られていませんがクリニックでは値段交渉が出来るんですよ。

 

これは、クリニックで行う施術は自由診療というタイプですので、料金はクリニックが独自に設定しています。その為、料金の交渉を行うことが出来るんです。

 

勇気がある方は是非交渉してみては?