脇の埋没毛はなぜできる?問題のムダ毛処理法はこれだった

解説うさぎ

ムダ毛処理全般埋没毛を作る要因となりますが、その中でも特に埋没毛を作りやすいムダ毛処理法をご紹介します。

 

思い当たる方は、今のムダ毛処理を意識して改善してみてください。

埋没毛のできやすいムダ毛処理法No1

いくつかあるムダ毛処理法の中でも特に埋没毛ができやすいムダ毛処理法No1は「抜く」です。

 

抜くムダ毛処理といえば、「毛抜き」「ワックス」「脱毛テープ」がメジャーですね。

 

抜くタイプの脱毛は持ちがよいので、一度抜いたらしばらく生えてこないことが魅力なのですが

 

注意したいのは、抜くという行為自体皮膚にかなりのダメージを与えるということです。

 

たとえ、しっかりしたエステでブラジリアンワックスを行ったとしても、抜くという行為には変わりはありませんから、お肌へのダメージはかなり受けることを覚悟しなければいけません。

 

生物学的には、わたしたちの体毛は必要あって生えているもの。簡単に抜けてしまっては、生命の危険が及びかねません。

 

毛の各器官

 

体毛は接着タンパクによってしっかり支えており、毛乳頭には血液から栄養を受け取って成長しています。

 

抜けば皮膚はダメージを受け、血も出てくるわけです。

 

 

毛抜きと埋没毛の関係
@ 脇の毛

A 脇の毛を抜いて皮膚が傷つく

B かさぶたができる

C かさぶたでふさがれた毛が出てこれない

 

毛抜きと埋没毛の関係
さらに悪いことに、皮膚が傷つくと、黄色ブドウ球菌などの雑菌も侵入してきますので、炎症を起こしたり、化膿したり皮膚トラブルの原因にもなりやすくなります。

 

体質にもよりますが、抜くより剃る方が皮膚にはまだましな方法です。

埋没毛のできやすいムダ毛処理法No2

抜くと剃るではどちらがお肌へのダメージがないかといえば、断然剃る方がお肌へのダメージは少ないです。

 

とはいえ、カミソリなどで脇のムダ毛を処理したとしても、埋没毛が発生する要因になります。

 

カミソリと埋没毛の関係
皮膚の表面を傷つける → 炎症を起こす → かさぶたができる → かさぶたでふさがれた毛が出てこれない
剃った毛先が鋭利な状態になる → 鋭利な毛先がまっすぐ伸びず、横に伸び皮膚に突き刺さる → 皮膚の中を突き進んで成長する。

 

体質上カミソリが合わない方もいますが、ここでは埋没毛を作りやすいカミソリの使い方と対応策をご紹介します。

 

カミソリ

剃りすぎ

必要以上にムダ毛処理をすれば、皮膚へのダメージをたくさん受けることになります。


不必要なムダ毛処理を減らすだけでも効果はぐんと上がります。

不衛生

お肌が清潔でない状態での除毛は雑菌の影響を受けます。
また、使い続けているカミソリにも菌がひそんでいるため、不衛生にしていると雑菌の影響を受けます。
剃った後の毛穴の傷口への雑菌の侵入は埋没毛の原因となるためご注意を


入浴で汚れをしっかり落としたり、カミソリを除菌したりして、カミソリを衛生的に保つようにしましょう。

カミソリがよくそれない

切れ味の悪いカミソリはお肌へのダメージが大きいため、埋没毛の原因になりやすいです。
安いカミソリは1回使えば切れ味は悪くなりますのでご注意を
また、高価なカミソリであっても何度も使えば切れ味は悪くなりますのでこちらもご注意を


切れ味が悪いと感じた時には、迷わず交換するようにしましょう。

逆ぞり

毛の流れにそると皮膚へのダメージが少ないのですが、毛の流れに逆らって剃るとダメージが大きくなります。
逆に剃る(逆剃り)は一見さっぱりそれた感覚はありますが、ダメージが大きいため注意が必要です。


どうしても逆剃りをする場合は一度、毛の流れに沿った後に、逆剃りをするとダメージが多少緩和しますよ。

体調がよくないとき

体調がよくないときには免疫力が低下しますので、カミソリで剃った後の傷が治りにくい状態となります。
具体的には、睡眠不足、風邪をひいている、生理前、生理中などです。


なお、生理後の1週間はムダ毛処理におすすめのタイミングです。

乾いたまま剃る

乾いたまま剃ってしまっては、お肌にダメージを与えます。
すべりをよくして、お肌に直接カミソリの刃がダメージを与えないようにしましょう。


乾いたまま剃るのではなく、シェービングフォームやジェルなどをうまく活用してみてくださいね。